らでぃっしゅぼーやを選んだ理由

LINEで送る
Pocket

当ブログの管理人は、やもめ暮らしのオッサンです。

食品の裏側』などを読んで、食べ物の添加物について、「ちょっと気持ち悪いなぁ」と思っていたので、宅配野菜について興味を持っていました。

大手といえば、オイシックスとらでぃっしゅぼーや。

でも、オイシックスは、量が多めなのしかないようでした。

らでぃっしゅぼーやは、1人でも大丈夫なように、少ない量のコースがありました。

また、農薬の使用について比べてみたところ、オイシックス「無農薬、減農薬、除草剤は必要最小限の使用」ですが、らでぃっしゅぼーやは、「無農薬、減農薬、除草剤不使用、土壌消毒禁止」ということでした。

つまり、農薬はどちらも最小限の使用であり、無農薬の野菜もあるということです。

ただし、らでぃっしゅぼーやの方が、除草剤不使用、土壌消毒禁止と厳しくなっており、安全性がより高いです。

加えて、放射能対策について比較してみたところ、オイシックスは「国の指定基準」どまりなのに比べて、らでぃっしゅぼーや「国の指定基準のさらに2分の1以下」と非常に厳しくなっています。

どちらも、らでぃっしゅぼーやに軍配が上がり、徹底した安全性を心掛けていることが分かりました。

コースについて、より詳しく調べてみると、「らでぃっしゅクラブ」と「ぱれっと」の二つのコースがあるとのこと。

「らでぃっしゅクラブ」の方は、野菜・果物だけでなく、肉や加工食品なども含め、自分で選んで注文できる方式です。

「ぱれっと」は、野菜のみか、野菜+果物のコースを選べば、勝手に色々入れて送ってくれるという話でした。

毎度、注文するのは面倒なので、「ぱれっと」一択で決定。

また、果物も食べたいので、野菜+果物のコースを選択しました。

配送料は、自宅が札幌市内のため、専用車エリアということで、無料でした。

ちなみに、「じゃが玉抜き」というのもあるようで、「イモとたまねぎバッカリだとイヤ!」という方は、そちらにすると良いかもしれません。

個人的には、じゃがいもも玉ねぎも、どちらも日持ちするし、味も大好きなので、普通のコースにしています。

それから、例えば、旅行などで、「今週はいらない」ということがあれば、電話かホームページで、1回休みとしておけば大丈夫です。

実際、出張の関係でどうしても受け取りができなかったときに、1度だけ電話をしてキャンセルを入れました。

オペレーターのおねーさんが、やさしく対応してくれました。

初回の注文時に、お客様番号が書かれたステッカーが送られてきて、それをゴミ箱に貼っておいたので、番号の確認のために使いました。

自分の番号を告げての処理だったため、とてもスムーズでした。

注文については、本当に手軽に変えられるので、普通に注文をしておいて、実際には隔週で届けてもらう、なんていうのも「アリ」かもしれません。

そんなワケで、送られてくるモノも良く、使い勝手も良いので、「やっぱり他の会社にしておけばよかったかなー」と思うようなことは、正直、まったくありませんでした。

さて、話は添加物の件に戻ります。

例えば、スーパーで売られているお惣菜。

パックをひっくり返して、シールに書かれた原材料等を見てみると、ズラズラズラ~っと添加物のオンパレードです。

目的は、「日持ちをさせるため」、「色艶を良くさせるため」、「うまみを加えるため」、「歯ごたえをモチモチさせるため」など、じつに様々です。

たしかに、「見た目が良ければ、おいしく感じる」というようなプラセボ的な効果は、あるのでしょう。

しかし、そのために、「体に害はないと言われている」という微妙な表現のものを色々と入れられるのは、個人的には、どうにも良い気がしません。

つまり、多くの食品添加物というのは、人間が長い間に渡って摂り続けたことがないものが多く、「有害ではないと思われる」というようなものでしかない訳です。

きっと大丈夫なんだろうけれども、何とも言えない、微妙な不安を感じてしまいます。

そういう意味では、農薬チェックはもちろん、放射線チェックもやっていてくれているらでぃっしゅぼーやの野菜を、シンプルな味付けでいただくというのが、自分には合っているようです。

思えば、私の小さい頃は、いまほど流通が発達してしませんでした。

ですから、「地産地消」というのが、いわば当たり前の話だった訳です。

そのころ食べたのは、住んでいる地域の近くで採れた、採れたての野菜がほとんどだったことでしょう。

らでぃっしゅぼーやの野菜を食べると、その頃、味わっていた記憶のようなものが蘇ってきます。

つまり、自然に育てられた、採りたての野菜や果物の味、ということです。

そして、「ああ、ずっと自分が食べたかったのは、こういうものだったんだな」と、いつも思うのです。




LINEで送る
Pocket